21世紀枠で選ばれた「富岡西高校」が大会4日目の今日、第三試合で初陣
を飾ります。相手は愛知県代表で昨秋の東海大会の覇者である強豪「東邦」
です。

東邦はチーム打率が3割8分8厘と出場校中トップの強打を誇ります。
この打線を緩急自在の投球術でどこまで抑えられるかが勝つための鍵と
なります。

創部120年目での初出場です。臆することなくのびのびと自分たちの野球
をすれば、きっと活路は開けると思います。

そして何より、たくさんのOBの皆さんが精一杯の応援で支えてくれます。
今までやってきた厳しい練習はきっと選手の皆さんの力となって表われる
思います。

自分を信じ、チームの力を信じ一丸となって「初勝利」を手にして頂きたい
と思います。

相手は同じ高校生です。「平常心」を持って試合に臨めば、力の差はない
と思います。勝ちたいと思う強い気持ちをより多く持っている方に勝利の
女神は微笑むでしょう。

「絶対勝つんだ!」という気持ちで持てる力を出し切って下さい。

2014年以来5年ぶりとなる徳島県勢の甲子園出場に、たくさんの徳島県民
も応援しています。我々県民に多くの夢を見せてくれることを期待します。

皆様の健闘を祈っています。頑張れ、富岡西高校!

2019.03.26 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top