今日は一日雨となり、少し肌寒く感じます。体調管理には十分気をつけましょう。

先週の17日に臨時議会があり、正副議長、関西広域連合議員の選挙があり、
各委員会の構成が決まりました。

私は常任委員会は今回も総務委員会、特別委員会は防災対策特別委員会に
所属することとなりました。

今日は総務委員会の所管説明がありました。

緊急を要する事項について質問が出来るので、「春の全国交通安全運動」の
最終日となりますが、県下の交通事故情勢は、4ヶ月連続で交通死亡多発警報
が発令され、交通死亡事故者数が、人口あたりの死亡者数で全国ワーストワン
を更新していることを受けて、県警察の対策について質問しました。

昨年一年の交通死亡事故者数は31人でした。

今年はまだ5月の半ばですが既に20人となり、昨年同時期を大きく上回って
います。そしてそのうちの15人が65歳以上の高齢者です。

また、高齢者運転による交通事故は全体のの約25%を占めています。

これらの事故を未然に防ぐためには、警察だけでは困難です。

ドライバーの方の安全確認はもちろんのこと、各種団体や家族での交通事故
防止に向けた意識啓発、自動ブレーキやペダルの踏み間違いを抑止する
ような装置を搭載した安全運転サポート車の普及啓発も大きな効果があると
思います。

誰もが加害者にも被害者にもなる可能性がある交通事故の防止に向けて、
今一度安全運転に対する意識を強く持つとともに、より一層の安全運転を
心掛けるよう気をつけましょう!

2019.05.20 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top