昭和26年6月1日に市制が施行され今年で61年を迎えました。
その後港湾都市として、阪神間の玄関口として大いに栄えましたが、
1985年国鉄小松島線の廃止に伴い、南海フェリーの移転、東洋紡績の
撤退等、町は衰退の一途をたどっています。

小松島に住むものとして、このままの形で小松島を次代に引き継ぐことは出来ない
という気持ちでいっぱいだと思います。

徳島赤十字病院の移転改築に伴う中心街の整備や、今年4月にはハナミズキプロジェクトと
銘打たれた「発達障害者総合支援ゾーン」がオープンしました。

小松島市としての方向付けを確立し、人の集う住みやすい小松島に向けて、
市民一同知恵を絞る必要があります。

医療と人に優しい小松島。住んで良かった小松島。健康いきいき小松島。

皆さん共に頑張りましょう。

市制61周年記念式典

同時に市制功労者表彰が行われました。

写真は第29回全日本拳法少年個人選手権で小学校6年生の部において優勝され、
市のスポーツ振興に貢献された坂本さんです。

彼女のお父さんも同大会の40歳代の部で3位だったらしいです。

今回は18名の方が表彰を受けられました。おめでとうございます。
これからも市の発展に向けご尽力頂ければと思います。

市制61周年記念式典 1

市制61周年記念式典 2

2012.06.02 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top