「子どもと高齢者の交通事故防止」を重点目標に9月21日(金)~30日(日)
の期間で、秋の全国交通安全運動が開催されます。

今年8月末現在の交通事故は、発生件数、傷者数は約5%、死者数は約47%の減少です。
第9次徳島県交通安全計画では、平成27年までの交通事故死者数を「30人台後半、可能な限り
ゼロに近づける」を目標にしています。9月18日現在での死者数は20人。
例年、本運動の時期から夕暮れが急激に早まり、夜間に掛けて交通事故が増加する傾向に
あるらしいので、より一層の交通安全に心掛け、ドライバーは少しでも早く危険を発見・回避するため
「日没前からの早めのライト点灯」を徹底実施する必要があります。

歩行者は、外出の際には明るい服装や反射材の着用を心掛け、運転手に注意を促すよう
努めなければなりません。

是非この機会に家庭や職場、学校、地域に於いて再度交通安全についての話し合いをし、
交通事故防止に向けて気持ちを引き締めてゆきましょう。

今月末まで警察署に於いて、徳島スマートドライバーセーフティーラリー2012を
実施しています。(一部警察署は、8月末を持って締め切り)

是非チームで参加して安全意識の向上につなげて頂きたいと思います。


2012.09.21 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top