第27回国民文化祭・とくしま2012

総合フェスティバルが昨日アスティとくしまで、皇太子殿下の
ご臨席の下盛大に開催されました。

皇太子殿下にお目にかかるのは、初めてでした。お元気なご様子で
何よりもその物腰の優雅さと、やさしい目元に魅了されました。

近藤文化庁長官、田中眞紀子文部大臣もご一緒に花を添えていただきました。

阿波藍、阿波人形浄瑠璃、阿波おどり、ベートーヴェン第九、これら徳島の
文化を代表する4大モチーフの新たな魅力を引き出す舞台を披露してくれました。

とくしま文化の輝き-新たな挑戦の始まり-

と題して、第九の音楽に乗り、阿波人形浄瑠璃をはじめとする多彩な演技が
次々に重なり合い、特に阿波踊りでは本番の総踊りを彷彿させるような、豪華で
壮大な踊りの乱舞に感動しました。

ぎふ国体の開会式典を見て感動した以上に、文化のすばらしさをあらためて実感しました。

これこそが文化の持つ「ちから」ですね。
文化の力でもっともっと勇気を与えていただき、県民の皆様が元気になることを
ご期待します。

国文祭2012
2012.10.29 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top