最近小松島を代表する2名の方と意見交換会をする機会がありました。

先ず一人目は、小松島出身の音楽家、住友紀人さんです。
住友さんは映画音楽やテレビドラマの音楽を手掛け、世界的に有名です。
つい最近でも毎週火曜日 午後10時から10時48分に放送されているNHK
ドラマ「紙の月」の音楽を担当されたり、阿部寛が主演の映画
『テルマエ・ロマエII』の音楽も担当されています。

実は彼とは同級生で、小学校時代に通っていた塾が同じというので
驚きです。

私の中学の同級生の山本君とかなり親しくしているらしく、機会があれば
逢いたいと思っていた矢先に、先日富田町のあるお店で偶然山本君と住友
さんが二人で打ち合わせをしている所に、行き会わせました。

人との縁はこのように繋がってゆくんだなぁと、改めて思いました。

何故住友さんに逢いたかったかと言えば、一昨年から小松島港まつりの
花火の日に、「やまももフェスタ」を企画しているのですが、今年は是非
住友さんに協力をしてもらい、より多くの人に小松島に来て頂き、小松島の
素晴らしさを紹介したいと思ったからです。

住友さんからは快諾を頂き、AKBを呼ぼうか、森高千里も良いねぇ。なんて
話で盛り上がりました。

今年の夏は住友さんと、来春にコールセンターを開設していただける
サウンドハウスにも協力をいただき、大きな花火を揚げたいと思いますので
皆様のご協力をお願い致します。

もう一人は、市議会議長と一緒に徳島赤十字病院の日浅院長と食事を
しながらの意見交換会をさせて頂きました。

日浅院長も小松島在住で、小松島の将来を憂い、何とかしたいと思われています。

高齢化に歯止めはかかりませんが、一人一人の少しの努力で健康で元気に年齢を
重ねることが出来ます。

小松島市をあげて、市民の皆さん全員が参加できるような行事を徳島赤十字病院
と連携して出来ないか模索中です。

小松島赤十字病院、ハナミズキプロジェクトを核に、医療と福祉が充実した街
小松島へと知恵を絞り実現したいと思います。

皆様の知恵をお貸し下さい。一緒に小松島をどないぞしましょう。
2014.01.23 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top