政府は14日午前の閣議で2015年度予算案を決定しました。
国の一般会計の総額は社会保障費の増大により、14年度当初比0.5%増の
96兆3420億円と過去最大を更新しました。

高齢化により社会保障費は31兆5297億円と昨年度より1兆円上乗せされて、
初めて31兆円を突破しました。急速な高齢化に加え、医療技術の発達で、
医療費は毎年1兆円ずつ増えています。

今後も医療保険制度を維持してゆくためには、高齢者と現役世代が広く負担を
分かち合うような制度改革が必要ですね。

税収は54兆5250億円と1991年度以来の高水準とはいえ、予算総額には遙かに
不足しています。歳入不足を補う新規国債発行額は36兆8630億円です。
過去3番目の減額幅でとは言われていますが、借金は借金です。

国の今の借金は約1,039兆円です。国民一人あたりに換算すると約817万円にも
なります。少しでも借金を減らす努力をするべきです。

私たちも定数や歳費の削減を視野に、少しでも無駄を省く努力をしなければ
ならないと思います。

これからはもっと痛みを伴う改革をしていかなければ、日本の未来は厳しいかも
しれません。

皆さんの知恵と力で経済の発展のために頑張りましょう!

2015.01.14 Wed l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top