第70回国民体育大会「紀の国わかやま国体」で、ライフル射撃の少年女子ビーム
ライフル立射20発で小松島西高勝浦校の前川愛海選手が210.7点の日本新
記録で優勝しました。

今回の国体での県勢の優勝は初めてで、ライフル射撃の優勝は岐阜大会以来
3年ぶりとなりました。

前川選手おめでとうございます!

競技力向上を目指し、県も予算を増やして選手の育成に取り組んでいるのですが、
全国大会となるとレベルが高く、それに加え少子化の影響で選手層が薄いので、
特に団体競技の選手集めがなかなか難しく、チームが成り立たないのが現状です。

また、予算を増やすと言っても公的資金は限られています。それに加え民間のクラブ
チームも廃部が続き、成年の部は伸び悩んでいます。

私は今回ウェイトリフティングとフェンシングの応援に行ったのですが、フェンシングは
ピストと呼ばれる競技台の上で剣を使い相手の有効面を突く・斬る技で勝負を競う
のですが、防具や剣にお金がかかり、当然ピストも必要ですので練習場所の確保が
難しいそうです。自ずと練習時間も少なくなり、全国レベルとの較差が生じます。

県の予算配分も当然強い競技に偏らざるを得ません。

今回のライフル競技も県が力を入れている部門なので、早速成果が出ました。
他にも馬術やボウリングも期待できそうです。

徳島県勢の今後の活躍を期待します!

徳島県選手団の入場行進です。堂々と行進していました。
入場行進

入場行進2

さすがは地元和歌山選手団。約480人が元気に行進していました。
入場行進3

入場行進4

2015.09.29 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top