昨日、一昨日の暖かさとうってかわり、今日は肌寒い一日となりました。
体感する温度差が大きいので、風邪が流行っているようなので体調を崩されない
ようお気を付け下さい。

11月17日から1泊2日で道路の要望活動に行ってきました。

毎年この時期に「徳島県議会四国横断自動車道・阿南安芸自動車道建設促進
議員連盟」・「徳島県議会徳島自動車道整備促進議員連盟」による要望活動です。

高速道路をはじめとする幹線道路網は、近い将来高い確率で発生が予想されている
「南海トラフ巨大地震」や豪雨災害などの大規模自然災害の発生時には「命の道」と
なることはもとより、地方への「ひと・もの・しごと」の流れを創る「地方創生」の礎となる
重要な社会資本です。

しかしながら本県沿岸部には依然として「ミッシングリンク」が多数存在し、そのストック
効果が発揮されておりません。

また今年の春に徳島道と高松道、神戸淡路鳴門自動車道が繋がって利便性が向上
しました。このように道路は繋がってこそ、その効果を発揮します。
徳島JCTと徳島東JCTは平成31年を目標として整備が進んでいますが、それから南
への延伸ははっきりとした時期が示されていません。

地域が真に必要とする道路整備を計画的かつ着実に推進し、「高速交通ネットワーク」
が本来有している機能を発揮すれば、災害に強い街づくりにも効果があるし、地方創生
に拍車がかかります。

今回は、国土交通省の道路局次長、大臣官房審議官、副大臣と自民党本部幹事長代行
そして財務省の中西祐介財務大臣政務官へ整備促進をお願いして参りました。

特に中西政務官は来年高知との合区で、高知との距離を肌で痛感していると思います。
この機を逃すことなく積極的に汗をかいてもらいたいと思います。

8の字ネットワークにより四国が一つになり、そこから地方の創生が始まります。

一日も早く実現できるようこれからも強く要望を続けたいと思います。

道路議連要望活動 2

道路議連要望活動 4

道路議連要望活動 3

2015.11.19 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top