新春の阿波路を駆け抜ける、恒例の徳島駅伝が3日間のドラマを造り今日
幕を降ろしました。

徳島市が通算13時間58分17秒で5年ぶり18度目となる優勝を3日間全ての
レースで1位となる完全Vを達成しました。

我が小松島市は初日4位、二日目も4位でしたが、最終日の今日は驚異的な
追い上げをし、20年ぶりとなる堂々の2位に入りました!

選手の皆様、関係者の皆様おめでとうございます。そしてお疲れ様でした。

小松島の選手は5区間で区間賞を獲得し、エースの大西亮選手はなんと2年
連続となる最優秀選手に選ばれ、大活躍をしてくれました。

今年は初出場の選手が多いので、どうなるのだろうと心配していましたが、
杞憂に終わり、悲願であった3位入賞を飛び越えての準優勝です。

我々市民ランナーはもとより、小松島市民に大きな夢と希望を与えてくれました。

これからは追う立場から一転追われる立場となり、ますます厳しい練習を強い
られるでしょうが、一人一人の力はまだまだ伸びしろがあります。

今回の結果に甘んじることなく、研鑽を重ねて来年は頂点を目指して下さい。

小松島選手団の皆さま、感動をありがとうございました!

駅伝解団式 1

駅伝解団式 2

駅伝解団式3

駅伝解団式4


2016.01.06 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top