今日は議会休会日でその合間を縫って参議院選挙の候補者である
中西祐介財務大臣政務官の奥さん中西紗希さんと一緒に、小松島
市内の挨拶回りに伺いました。

地方創生を進めようとしている中、今回の参議院選挙は徳島県と
高知県が合区になり、一人が選ばれるという厳しい選挙になります。

そもそも参議院は昭和21年12月に創設以来「地域代表的性格」を
有するとされ、都道府県単位の代表が参加し、地方の意見を国政に
反映する役割を担ってきました。

平成27年7月の公職選挙法改正により、初の合区が導入されました。

人口減少が進中、今後も人口の少ない選挙区の合区が進めば、地方
の声は中央に届かなくなります。そうなれば、地方創生と逆行すること
になり、地方は疲弊してしまいます。

何としても合区の解消をしてゆかねばなりません。

短い時間でしたが市内17ヵ所を廻らせて頂き、足元の悪い中たくさんの
方にお目に掛かることが出来ました。

6月22日公示、7月10日の投票に向け今後も地方創生のために中西祐介
候補を応援したいと思います。

皆さまのお力添えを頂ければ幸いです。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg


2016.06.16 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top