今朝は8時30分から、徳島市問屋町の広場で開催された「中西祐介参議院候補者」
の出陣式に参加してきました。

中西陣営は同時刻に高知県でも奥さんが参加して出陣式を開催しています。

憲政史上初の合区選挙となる今回の参議院選挙は徳島県と高知県の2県で定数
が1となる、非常に厳しい選挙になりました。

今回は実質的には与党である自民党VS野合の共闘という図式になります。

基本的に政策の違う民進党と共産党が手を取り合って土俵に上がっても、必ず
どこかでボタンの掛け違いが起こり、分裂するのは火を見るよりも明らかです。

私はそのように足元のぐらついている野合の衆には、「地方創生」という重要な
局面を迎えている日本の未来を託すわけにはゆきません。

「アベノミクスは失敗だ!」と言うけれど、徳島県の税収は微増ではありますが
決して落ち込んではいないし、有効求人倍率も1.3~1.7で推移しています。
経団連が7日に発表した大手企業の今夏のボーナス調査によると、妥結額は
平均92万7415円で、昨年夏より3・74%伸びています。

政権が交代して4年連続での増加です。

地方の経済はこれからが正念場です。自・公の安定政権で一億総活躍社会を
構築することで地方経済の底上げをし、地方創生を確実なものにしてゆかなけ
ればなりません。

そのためには今回の選挙で過半数を取る必要があります。

中西祐介候補はもちろんのこと、友党である公明党の比例代表「谷あい正明」
候補、高知県の「中西さとし」候補、そして職域代表の「たかがい恵美子」候補
の勝利を目指し、応援したいと思います。

1.jpg

2.jpg


2016.06.22 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top