昨日は開かれた県議会への取り組みの一環として、中学生による議員との意見交換と
議場での報告会が開催されました。

参加者は中学生が37名、県議会からは正副議長と議員8名です。

先ずは議場で、議長の挨拶のあと、副議長が議会活動の紹介をし、その後4つのグル
ープに別れ、委員会室で意見交換会がありました。

第1グループは、「交通マナーアップ徳島」をテーマに、私と岡本議員そして鳴門教育大学
附属中学校、鳴門市瀬戸中学校、徳島市川内中学校の生徒9名による意見交換です。

第2グループは「消費者教育先進徳島」をテーマに、岩佐、達田議員と美馬市立江原中学校、
鳴門市第一中学校の8名の生徒による意見交換。

第3グループは「誘客おもてなし徳島」をテーマに岩丸、黒崎議員と川内中学校、応神中学校、
佐那河内中学校、阿波市立吉野中学校、北島中学校、鳴門市第二中学校、城ノ内中学校の
10名の生徒との意見交換。

第四グループは「グローバル徳島」をテーマに、原井、古川議員と城ノ内中学校、八万中学校、
阿波中学校の10人の生徒との意見交換。

第1グループでは、交通ルールをもっと知るためのイベントを開催し、多くの地域の人たちが
参加すれば事故も減らせるのではないか?

交通安全教室や当番によるヘルメット着用呼びかけなど、自分たちの学校で取り組んでいる
ことの紹介、また、JNK(自転車も乗れば車の仲間入り)をスローガンにし、自転車運転免許証と
ナンバープレートを交付し、交通安全意識を高める生徒会活動の紹介などがありました。

また通学路に点滅式の信号機を設置、道路にはみ出している草や木の枝の除去の要望も
受けました。

最後に各グループので意表が意見交換会の結果を議場で報告してくれました。

どのグループも短時間にも関わらず活発に意見が出て、感想も含めて堂々と報告をしてくれ
ました。

参加された中学生にとっては、思い出に残る体験になったと思います。

IMG_1962_compressed.jpg

143_compressed.jpg

196_compressed.jpg


2017.07.29 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top