昨日は「第36回小松島春のまつり・金長まつり」が予定されていましたが、
残念ながら雨のために、予定変更を余儀なくされ、ぜんざい無料配布も
行われたのですが、来る人が少なく、せっかく準備していたのに余って
しまったそうです。

そしてメインイベントのもち投げ大会は、北小松島小学校の体育館で、ビンゴ
ゲームのあとで行われました。

私は毎年投げ役として招待して頂いています。

今年は雨なので中止と思って来る人は少ないのかな?と思いながら体育館に
入ると、人の熱気でむんむんし、既に多くの人達が待ち構えていました。

安全を考慮して、今年は市岡製菓さん提供のまんじゅう2個とお餅5個をセット
にして、一人一人手渡しで配りました。

金長まつりは今年で終わるの?と地域の人達の一番の関心事です。

大会実行委員長の安平委員長、そして浜田市長は、「たくさんの市民の皆様が
楽しみにされているので,来年も開催したい。」と宣言していました。

多くの皆様の熱意が伝わり、来年の開催を導いて下さいました。

その熱意で、市民の大切な観光資源である金長神社の存続も訴え続けたら
きっと良い方向に進むでしょう!

地方創生、大切なのはそこで暮らす皆さんの総意と熱意です。

皆さんの力で小松島市をもっと素晴らしく、住みやすい街にしましょう!

ご協力よろしくお願い致します。

IMG_3655_compressed.jpg

IMG_3654_compressed.jpg


2018.05.14 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top