せっかくの大型連休なのに、お天気がはっきりせずに肌寒い日が続いています。
予報では明日は雨になりそうです。

ここはすっぱりと気持ちを室内に向けて、たまっている整理や読書にいそしみ、
後半に期待したいと思います。

いよいよ「平成」から「令和」へと元号が変わります。

私は昭和の生まれですから、3つの時代を生きるわけですが、今朝の徳島新聞
の「人」の欄に、「五つ目の時代を生きる世界最高齢者」の「田中カ子(かね)」
さんの紹介が載っていました。

1903年、明治36年生まれの116歳です!

「まだまだやりたいことがいっぱい。」と意欲的です。

規則正しい生活をして、朝昼晩と3食をしっかり食べて、良く笑うことが長生きの
秘訣だそうです。

そして目標は「120歳まで生きる」ことだそうです。

明治、大正、昭和、平成と幾つもの時代を超えて、いろんなことを経験されて
きたと思います。

「人生で一番楽しかった時代は?」との質問に「今」と言える前向きな気持ちも
長寿の秘訣ではないでしょうか?

毎日同じように太陽が昇り沈むように、人生も繰り返されます。一つのことを
くよくよ悩むよりは、今を楽しく生きる努力をすれば良いのです。

「いくら考えてもなるようにしかならない」というおおらかな気持ちが大切なのだ
と教えられたような気がします。

時代が変わっても信念を持って、ぶれることなく誠実に、細かいことに気を病む
ことなく大胆に生きてゆきたいと思います!

来たるべき「令和」の時代が、皆さまにとってより飛躍の時代になりますことを
お祈りいたします。

2019.04.29 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top