女子ゴルフのメジャー最終戦となるAIG全英女子オープンで、20歳の渋野
日向子選手が初出場で、初優勝を飾りました。

日本人選手が女子メジャーで優勝するのは樋口久子選手以来42年ぶり
二人目の快挙となります。本当におめでとうございます。

昨晩23時10分からの生放送に釘付けとなった人も多いのではないでしょう
か?とてもエキサイティングな見どころ満載の試合でした。

最終日2位に2打差をつける14アンダーの単独首位でスタートしたのですが、
3番でまさかの4パットのダブルボギーで失速し、一時は3位まで順位を落と
したのですが、渋野選手は笑顔の裏に負けん気の強さを持っていて、失敗
を成功の糧へと切り替えるのが上手で、4パットの悔しさを強気のゴルフで
バーディーへと変えてゆきました。

圧巻だったのが、12番パー4で果敢に1オンを狙いこれに成功させ、2パット
できっちりバーディを奪ったことです。
池越えで、あわや池ポチャかと思ったのですが、ツキもありグリーンを捉え
ました。これで勢いづくと13番で最後まで優勝を争うトップに並びました。

そして首位タイで迎えた最終18番では、残り163ヤードのセカンドショットを
手前5メートルほどへつけました。
このバーディチャンスで「決めるか、3パットのボギーか」と覚悟を決めたと
言う強気のパットがカップに吸い込まれ、歴史の扉をこじ開けた渋野選手が
18アンダーで優勝しました。

手に汗握る素晴らしい試合でしたが、終始笑顔でプレイした渋野選手に勝利
の女神が微笑んだのでしょうね!

「本当は吐くほどのプレッシャーがあった。もうこんな経験はしたくない。あらた
めて日本の良さがわかったし、日本が大好きなのでこれからも海外ではなく
日本で戦いたい。」と試合後のインタビューに答えていました。

「大谷さん」や「八村 塁さん」に続くスターが誕生しました!
世界中を魅了した「笑顔のシンデレラ」の渋野日向子選手に心からの祝福と、
今後のご活躍をご期待申し上げます。



2019.08.05 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top